モルモン書・アルマ書5章の要約と感想

モルモン書のアルマ書5章には、「義を求めて正しく生きること」と「神様を信じる信仰を育てること」の大切さが示されています。人が存在するのは、神様の戒めに従って生きるためです。また、神様の戒めに従うためには、神様を信じる信仰を育てる必要があります。

こんにちはおおさむです。訪問ありがとうございます。
モルモン書のアルマ書5章は何を伝えているんだろうと思われているかもしれません。
モルモン書を学び始めてから40年以上が過ぎた私の考えを伝えます。お役にたてば幸いです。

ー 広告 ー

モルモン書・アルマ書5章の要約と感想

モルモン書のアルマ書5章は掲載すると長くなるので以下には掲示していません。
ご自身でオンラインまたは書籍で読んでいただくようにお願いします。
アルマ書5章のオンライン版はここをクリック
※別タブ(画面)で開きます

モルモン書のアルマ書5章では、アルマが高慢になり神さまの戒めをないがしろにしているゼラヘムラの教会の人たちに向かって語った言葉が記されている。
先祖が救い出されたこと、その理由、罪のあるまま死んだ後に裁きの座に立つことについて、悔い改めの重要性、救い主についての証が記されている。

人々が神さまの教えから離れていく様子を悲しみ、大さばきつかさの職を辞して、大祭司の職に専念することにしたアルマはゼラヘムラの教会の人たちに悔い改めを伝えた。
アルマ5章では、アルマの言葉だけが記録されている。多くの質問をし、その多くに自分で答えている。
※質問は[Q**]の連番で示している。

アルマがゼラヘムラの教会の人たちに語る

先祖は囚われの状態にあったが悔い改めて救い主の憐れみによって救いを得た。

あなた方は先祖と同じように救いを得ることができると思っていますか。

汚れたままで、神さまの法廷に立つ姿を思い描きますか。
 
汚れたままで、聖なる預言者たちとともに住めると思いますか。

汚れたまま死を迎えるなら、聖なる場所に住むことはできない。

すぐに悔い改めて義の道を歩むようにしなさい。

そうでなければ悪魔とともに地獄にとどまることになる。

アルマの父と彼に従った人たちはノア王やレーマン人の手から救い出された

先祖のことについて

[Q01]あなたがたは,先祖が囚われの状態にあったことをよく覚えているか。
[Q02]先祖に対する神の憐れみと寛容をよく覚えているか。
[Q03]また神が彼らを地獄から救い出されたことをよく覚えているか。
(6節)

先祖の状態について

神は先祖の心を改めさせ,深い眠りから覚まされたので,目覚めて神に従った。
かつて暗闇のただ中にいたにもかかわらず,後に永遠の御言葉の光に照らされるようになった。
死の縄目と地獄の鎖に縛られ,永遠の滅びが彼らを待ち受けていた。
(7節)

[Q04]先祖は滅ぼされたか。
[自答]滅ぼされなかった。
(8節)

[Q05]死の縄目は断たれ,先祖を縛っていた地獄の鎖は解かれたか。
[自答]死の縄目と地獄の鎖は解かれ,心は広がり,贖いをもたらした愛について歌った。今,救われている。
(9節)

先祖が救われたのはなぜか

[Q06]彼らはどのような条件で救われているのであろうか。
[Q07]彼らは何を根拠にして,救いを望むことができたのであろうか。
[Q08]彼らが死の縄目と地獄の鎖から解かれた理由は何であろうか。
(10節)

質問の形で答える

[Q09]父アルマは,アビナダイの口から告げられた御言葉を信じなかったか。
[Q10]アビナダイは聖なる預言者ではなかったか。
[Q11]彼は神の御言葉を語らなかったか。
[Q12]父アルマはそれを信じなかったか。
(11節)

[自答]父アルマは信じたので,心の中に大きな変化が生じた。父アルマはあなたがたの先祖に御言葉を宣べ伝え,彼らの心の中にも大きな変化が生じた。彼らはへりくだり,まことの生ける神に信頼を寄せた。彼らは最後まで忠実であったので,救われた。
(12-13節)

自分たちはどうか

[Q12]霊的に神から生まれているか。
[Q13]顔に神の面影を受けているか。
[Q14]心の中に,この大きな変化を経験したか。
(14節)

神さまの裁きの座にいる自分の姿を思い描くことができるか

[Q15]自分たちを造られた御方の贖いを信じる信仰を働かせているか。
[Q16]死すべき体がよみがえって不死のものとなり,死すべき体にあってなした行いに応じて裁かれるために神の御前に立っている有様を見ているか。
[Q17]地の面でのあなたがたの行いは義の業であった』と言われる主の声を聞く自分自身を,今,心に描くことができるか。
[Q18]その日主に向かって偽りを言い,『主よ,地の面でのわたしの行いは義にかなった行いでした』と語って,主から救いを得ようとしている自分自身であろうか。
[Q19]罪悪感と悔恨の情にさいなまれながら,神の裁きの座に連れ出される自分自身を,今,心に描くことができるであろうか。
[Q20]純真な心と清い手をもって神を仰ぎ見ることができるか。
[Q21]自分の顔に神の面影を刻まれた有様で仰ぎ見ることができるか。
[Q22]たとえ自分の身をゆだねて悪魔の手下になったとしても救われる,と考えているだろうか。
(15節-20節)

[自答]あなたがたが救いを得られないことは,その日に分かるであろう。だれも衣を白く洗い清められないかぎり,救いを得られないからである。人の衣は,わたしたちの先祖がこれまで語ってきた御方の血によって,すべての汚れがきれいになるまで清められなければならない。その御方は,御自分の民を罪から贖うために必ず来られる。
(21節)

[Q23]血とあらゆる汚れで汚れた衣を着たまま神の法廷に立つ人がいるとすれば,その人はどのように感じるであろうか。
[Q24]見よ,それらのものは,あなたがたについてどのような不利な証言をするであろうか。
[Q25]それらのものは,あなたがたが人殺しであること,また,あらゆる悪事を犯した者であることを証言しないであろうか。
[Q26]このような人が,今清められていて染みのない,清くて白い衣を着ているアブラハム,イサク,ヤコブ,そのほかすべての聖なる預言者とともに,神の王国で座に着く場所を得られると思うか。
(22節-24節)

[自答]それは得られない。あなたがたがわたしたちの創造主を世の初めからの偽り者としないかぎり,または世の初めからの偽り者であると思わないかぎり,このような人々が天の王国で住む場所を得られるとは思えない。かえって,このような人々は悪魔の王国の子であるから,追い出されるであろう。
(25節)

具体的な内容で質問を繰り返す

[Q27]もしあなたがたが心の変化を経験しているのであれば,また,贖いをもたらす愛の歌を歌おうと感じたことがあるのであれば,今でもそのように感じられるか尋ねたい。
(26節)

[Q28]罪のない状態で神の御前を歩んできたか。
[Q29]もし今死ぬように召されたとして,心の中で自分は十分にへりくだっていると言えるであろうか。
[Q30]自分の衣は,将来御自分の民を罪から贖うために来られるキリストの血によって清められ,白くされていると言えるであろうか。

[Q31]高慢な心を取り去っているか。
[Q32]ねたみを取り去っていない人がいるか。
[Q33]自分の兄弟をあざけっている人,あるいは兄弟に迫害を加えている人がいるか。
(27-30節)

[自答] (高慢な心やねたみを)取り去っていなければ,神にお会いする用意ができていない。見よ,あなたがたは早く用意をしなければならない。天の王国はすでに近く,このような人は永遠の命を得られないからである。
(高慢な心やねたみを持つ)人は用意ができていないので,早く用意をしてほしい。時は近づいており,いつその時が来るか分からないからである。このような人は罪がないとは認められない。
(高慢な心やねたみを持つ)人は,用意ができていないので災いである。悔い改めなければならない時が近づいている。悔い改めなければ救われないであろう。

悔い改める人は神さまのみもとに受け入れらる

罪悪を行う人はすべて災いである。『悔い改めよ。悔い改めよ』と主なる神は言われた。
主はすべての人を招き,憐れみの御腕を伸べて,『悔い改めよ。そうすれば,わたしはあなたがたを受け入れよう』と言われる。
主は言われる。『わたしのもとに来なさい。あなたがたは命の木の実を食べるであろう。あなたがたは価なしに命のパンを食べ,命の水を飲むであろう。
わたしのもとに来て,義の業を行いなさい。そうすれば,あなたがたは切り倒されて火の中に投げ込まれることはない。
(28-35節)

悔い改めない人は捨てられる

良い実を結ばない者,すなわち義の業を行わない者の嘆き悲しむ時が近づいている。』
罪悪を行う人々よ。俗世のむなしいものを誇る人々よ。義の道を知っていると公言しながら,羊飼いがこれまでも,また現在も呼んでおられるにもかかわらず,その声を聴こうとしないで,まるで羊飼いのいない羊のように迷っている人々よ。
良い羊飼いはあなたがたを呼んでおられる。しかも御自分の御名,すなわちキリストの御名によってあなたがたを呼んでおられる。もしあなたがたがその良い羊飼いの声を,将来その名によってあなたがたが呼ばれるその御名を聴こうとしないならば,あなたがたはその良い羊飼いの羊ではない。

[Q34]もし良い羊飼いの羊でなければ,あなたがたは何の羊の群れに属しているのであろうか。
[自答]悪魔があなたがたの羊飼いであり,あなたがたは悪魔の羊の群れに属している。

[Q35]これを否定できる者がだれかいるであろうか。
[自答]これを否定する者は偽り者であり,悪魔の子である。

善いものは何であろうと神から出,悪いものは何であろうと悪魔から出るからである。
人がもし善い行いをするならば,その人は良い羊飼いの声を聴き,良い羊飼いに従う。しかし,悪い行いをする者はだれであろうと,悪魔の子になる。悪魔の声を聴き,悪魔に従うからである。
このように行う者はだれであろうと,悪魔から報いを受ける。このような者はすべての善い行いに対して死んだ有様になるので,義にかかわることについて報いとして死を受けるのである。
(36-42節)

神さまがアルマに命じて語らせている

わたしの同胞よ,わたしの言うことを聞いてほしい。わたしは心を込めて語っており,またあなたがたが誤解しないように,分かりやすく語ってきた。神が命じられるままに語ってきた。
わたしは,キリストなるイエスにある神の聖なる位に従って,このように語るように召されているからである。わたしは,将来起こることについて先祖が語ってきたことを,立ってこの民に証するように命じられている。

[Q36]わたしが自分でこれらのことについて知っていることに気づかないのか。
[自答]わたしは,自分が語ってきたこれらのことが真実であることを知っている。

[Q37]わたしがどのようにしてこれらのことが確かであるのを知ったと思うか。
[自答]これらのことは,神の聖なる御霊によってわたしに知らされているのである。わたしは自分でこれらのことを知ることができるように,幾日もの間,断食をして祈ってきた。これらのことが真実であるのを,わたしは今,自分自身で知っている。主なる神が神の聖なる御霊によってこれらのことをわたしに明らかにされたからである。わたしの内にある啓示の霊によって知らされたのである。
先祖が語ってきた言葉が真実であることは,わたしの内にある預言の霊によってもわたしに示されてきた。これはまた,神の御霊の現れによるものである。
(43-47節)

救い主についてのアルマの証

将来起こることについてこれからあなたがたに語ることは,何事もすべて真実であると,わたしは自分で知っている。わたしはイエス・キリストが将来来られることを知っている。イエス・キリストは御子,すなわち御父の独り子で,恵みと憐れみと真理に満ちておられる。世の罪,まことにその御名を確固として信じるすべての人の罪を取り除くために来られるのは,この御方である。

わたしの愛する同胞とこの地に住むすべての人に教えを説き,老いた人にも若い人にも,束縛された人にも自由な人にも,老人にも中年の人にも青年にも,すべての人に教えを説き,彼らに悔い改めて再び生まれなければならないことを叫び求めること,これが,わたしが召された位である。

御霊は言われる。『地の果てに至るすべての者よ,悔い改めよ。天の王国はもう近い。神の御子は,栄光,威勢,尊厳,力,主権を帯びて来られる。』御霊は,『見よ,全地の王であり,また天の王でもある御方の栄光が,間もなくすべての人の子らの中に輝き渡る』と言われる。

悔い改めなければ救われないことを再度強調

御霊はまたわたしに語り,力強い声でわたしに叫んで,『出て行ってこの民に,「悔い改めよ。悔い改めないかぎり決して天の王国を受け継ぐことはできない」と言いなさい』と言われる。

御霊は言われる。『見よ,斧は木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はことごとく切り倒されて火の中に,燃え尽きることのない火,消すことのできない火の中に投げ込まれる。聖者がこのように言われたということをよく覚えておきなさい。』
(48-52節)

[Q37]あなたがたはこれらの御言葉に反論できるか。
[Q38]これらのことを退け,聖者を足の下に踏みつけることができるか。
[Q39]あなたがたの心を高慢にして誇ることができるか。
[Q40]高価な衣服を着て,俗世のむなしいもの,自分の富に執着し続けるつもりか。
[Q41]自分はほかの者よりも優れていると思い続けるつもりか。
[Q42]へりくだり,神の聖なる位に従って歩む同胞を,迫害し続けるつもりか。
[Q43]貧しい人や乏しい人に背を向け,彼らにあなたがたの持ち物を与えないつもりか。
(53節-55)

その同胞は,神の聖なる位によってこの教会に導かれ,聖なる御霊によって聖められており,そして今,悔い改めにふさわしい行いをしている。
(54節)

56)自分の悪の中にとどまるつもりのすべての人に言う。これらの人々は,すぐに悔い改めないかぎり,切り倒されて火の中に投げ込まれてしまうであろう。
57)良い羊飼いの声に従いたいと望んでいるすべての人に,わたしは言う。悪人から去り,離れ,彼らの清くないものに触れてはならない。悪人の名は消され,義人の名の中には数えられない。それは神の御言葉が成就するためである。神は言われる。『悪人の名が,わたしの民の名とともに並べられることはない。
58)義人の名は命の書に書き記されるからである。わたしは義人に,わたしの右において受け継ぎを授ける』と。
(56-57)

[Q44]あなたがたはこれに対して,何か反論することがあるであろうか。
たとえ反論したとしても,大したことはない。神の御言葉は必ず成就するからである。
(58節)

良い羊飼いに従うように勧める

多くの羊を飼っているとき,おおかみが入って来て,羊の群れを食い尽くすことのないように,

[Q45]羊の番をしない羊飼いがあなたがたの中にいるであろうか。
[Q46]おおかみが羊の群れの中に入って来れば,羊飼いはそのおおかみを追い払わないであろうか。
[自答]できれば羊飼いは,そのおおかみを殺すであろう。

良い羊飼いは今,あなたがたを呼んでおられる。あなたがたがその声を聴くならば,良い羊飼いはあなたがたを御自分の羊の群れに導き入れ,あなたがたは良い羊飼いの羊になる。良い羊飼いは,あなたがたが滅びることのないように,飢えたおおかみをあなたがたの中に決して入れてはならないと,あなたがたに命じておられる。

わたしアルマは,あなたがたに語ってきた言葉を,わたしに命じられた御方の御言葉のとおり実行するように,あなたがたに命じる。

わたしは教会に属しているあなたがたに,これらのことを命令として告げる。そして,教会に属していない人々には,招きの言葉として次のように言う。『あなたがたも命の木の実を食べる者となれるように,来て,悔い改めのためのバプテスマを受けなさい』と。」

(59-62節)

まとめ

より良いものを選んで行うなら、神さまから報いを受け

悪いものを選んでしまうなら、悪魔から報いを得ることになる

良いものに見えて、より良いものから遠ざけるものもあり

良いものから、目を逸らさせるものもある

気を逸らさず、たえず良いことを選ぶように、注意しよう


神さまの預言者はみな、キリストが来られること

キリストの特質、つまり愛と憐れみに、満ちた方であること

キリストが世の罪を取り除くために世に来られること

を証している

受け入れて従うなら、清められ救いを得る道にはいる

ー 広告 ー

モルモン書・アルマ書5章からあなたは何を学びますか



当ブログ内の関連ページ
<聖典からの教訓>

「聖典からの教訓」のサブカテゴリ

この物語からあなたは何を学びますか

ここまで読まれて、自分には関係のない話だ、何の役にたつんだ、と思われているかもしれませんね。

わたしも最初に聖書を読んだとき、とても信じられない、こんなことありっこない、と思っていました。
それでも、その後、何度か聖書に出会う機会があり、読む機会があり、自分に当てはめて考えるようになりました。
そのうちのいくつかをここに示しました。

あなたも、この物語から、自分に役立つなにかをみつけていただければ幸いです。

あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。
(ヨハネによる福音書5章39節)

聖書のこの書、この物語のどんな点でイエスキリストを見出しますか?
ここまで読んでくださったあなたへ
あなたは神様の子で、神様のみもとに永遠に住むことができる存在にです。
地上に来たのは、いろいろな経験により、あなたの能力が増し加わり、ほかの人を助けることができるようになるためです。

わたしもこれから成長していきたいので、あなたとともに歩んでいきたいと願っています。

神様はあなたを愛し、あなたの幸せを願っておられます。

ご質問があれば、下のほうにコメント欄があるのでそちらに書き込んでください。

聖書のオンライン版は
https://www.churchofjesuschrist.org/study/scriptures?lang=jpn
または
https://www.wordproject.org/bibles/jp/index.htm
を参照してください。
あなたがこの世に来たのは、神様の戒めに従って生きるため。
神に敵対する存在が真理と誤りを混ぜてあなたに伝えても、それに惑わされずに生きるために神様は道を示してくださいます、
そして、たとえ道を誤ったとしても、また戻ってくる方法があります。

当ブログ内の関連ページ
<聖典からの教訓>

「聖典からの教訓」のサブカテゴリ

当記事を含む当ブログ内の記事はすべて、執筆者の個人的な見解です。いずれかの組織・団体を代表するものではありません。
ー 広告 ー

ー 広告 ー
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

聖典からの教訓(モルモン書)の最新記事8件