CATEGORY

聖典からの教訓

聖書は古代イスラエルから生まれた書物。神様が世界を創造し、アダムとエバを地に置くところから始まります。アダムが神様に禁じられた実を食べたために、エデンの園を追い出され、人類は悲しみを経験するようになりました。神様を信じない人が増える中、アブラハムは神様の戒めを守り、神様はアブラハムと契約をします。アブラハムの子孫は世界中に散らされ、やがて集められ、栄を得るのです。

神様は人に選択の自由を与えました

選択の自由とは人が自分で善と悪を選ぶ能力です。
人は善にも悪にも誘われ、思うままに選ぶため、知りながら悪(神様の勧めから離れる)を選ぶこともあります。

神様は人を救うために様々な助けを与えてくださいます

最も大きな助けは、救い主(イエス・キリスト)です。

イエス・キリストは自分の命を贖いの犠牲として捧げ、信じるすべての人の罪が赦される方法を備えてくださいました。

イエス・キリストは人が神様のみもとに帰るために何をすべきかを教えてくださいました。

旧約聖書も新約聖書もイエス・キリストを証しする書物です

数々の物語や詩や散文の中から、イエス・キリストの証を見つけてください。
神様が人に何を与えてくださっているか。
人に何を教えてくださっているか。
欲味わい、深く考えてください。

これらの記事が少しでも理解の助けになるように願っています