旧約聖書・ヨシュア記から学べる4つのこと:個人の選択の影響は民族や子孫にも及ぶ

こんにちはおおさむです。訪問ありがとうございます。

旧約聖書のヨシュア記は何を伝えているんだろうと思われているかもしれません。

聖書を学び始めてから40年以上が過ぎた私の考えを伝えます。お役にたてば幸いです。

ヨシュア記には、「義を求めて正しく生きること」と「神様を信じる信仰を育てること」の大切さが示されています。

人が存在するのは、神様の戒めに従って生きるためです。
また、神様の戒めに従うためには、神様を信じる信仰を育てる必要があります。
そして、人が惑わされることによる影響は、その人個人だけではなく、その人が属する民族や子孫にも及びます。

ヨシュア記から学べる4つのことをご紹介します。

ー 広告 ー

ヨシュア記から学べる4つのこと:個人の選択の影響は民族や子孫にも及ぶ

聖典学習と祈り
信仰の基本になる聖典学習と祈り
モーセの後を引き継いだヨシュアは、神様の助けとイスラエルの民の信任を得て、イスラエルの民を約束の地に導きました。
ヨシュアは生涯を通じて民のために働き、イスラエルの民は神様の訓戒(戒め・命令)に従いました。
イスラエルの民は、約束の地に住む人々を滅ぼし、追い散らしまし、自分たちの嗣業としていきました。

1.神様は「あなた」が欲に負けず、神様の戒めを守ることを望んでおられます
2.神様の教えを常に覚えてことごとく守るならば祝福を得ます
3.信仰を示したのちに奇跡は起きます
4.ヨシュアもモーセと同じく、神様に従い、その戒めを固く守るように民を戒めました

旧約聖書の
ヨシュア記は掲載すると長くなるので以下には掲示していません。
ご自身でオンラインまたは書籍で読んでいただくようにお願いします。
聖書のオンライン版は
https://www.churchofjesuschrist.org/study/scriptures?lang=jpn
または
https://www.wordproject.org/bibles/jp/index.htm
を参照してください。
以下で引用符「」で示しているのは、上記で示した範囲以外の聖句などです。
他の聖典などでどのように解説されているかを示すために載せています。

ひとつひとつ簡単に解説します。

1.神様は「あなた」が欲に負けず、神様の戒めを守ることを望んでおられます

アイの町を奪い取ろうとしたとき、探ってきた人々は少数の兵でアイの兵を滅ぼすことができる、と判断しました。
しかし、戦いに惨敗しました。

イスラエルの民がへりくだって神様に理由を尋ねると、ひとりの人が神様との契約を破って、エリコの町から財宝を隠し取ったからだとわかりました。

ひとりのひとの欲心によって、イスラエルは多くの被害を受けたのです。

イスラエルの民は、すぐに、その人を探り当て、家族もろとも石でうち殺し、火で焼きました。
その結果、イスラエルはアイの町を征服することができました。
(ヨシュア記 7章~8章参照)

神様は「あなた」が「わたしひとりなら」「これくらいなら」という欲に負けず、神様の戒めを守ることを望んでおられます。
これがヨシュア記から学べることのひとつです。

2.神様の教えを常に覚えてことごとく守るならば祝福を得ます

ヨシュアは神様から多くの祝福を得ました。条件は、神様の教えを常に心にとどめ、神様の訓戒(戒め・命令)をことごとく守ることでした。
ヨシュアはイスラエルの民にも、同じようにすることを求め、イスラエルの民も従ったので、神様から祝福を得ることができました。
(ヨシュア記1章 参照)

神様は(先祖との)約束を守られます

7)わたしはあなたがたを取ってわたしの民とし、わたしはあなたがたの神となる。わたしがエジプトびとの労役の下からあなたがたを導き出すあなたがたの神、主であることを、あなたがたは知るであろう。
8)わたしはアブラハム、イサク、ヤコブに与えると手を挙げて誓ったその地にあなたがたをはいらせ、それを所有として、与えるであろう。わたしは主である』と」。
(出エジプト記6章7節~8節)

3.信仰を示したのちに奇跡は起きます

ヨシュアに率いられたイスラエルの民は、約束の地に入るためにヨルダン川を渡る必要がありました。
神様に言われた通り、契約の箱を担いだ祭司たちが、川の流れに足をいれると、川の流れがせき止められました。
(ヨシュア記 3章)

エリコの町の人たちは、イスラエルの民を恐れ、門を閉ざしてしまいました。
神様に言われた通り、イスラエルの民は、6日の間エリコの町を1度回り、7日目には7度めぐって、祭司たちがラッパを鳴らし、民が叫ぶと、エリコの城壁が崩れ落ち、エリコの町を征服することができました。
(ヨシュア記 6章)

神様に言われた通りに、約束の地のカナン人たちと戦って、追い払い、嗣業の地を獲得しました。
(ヨシュア記10章~21章)

イスラエルの民は、神様の言葉を信じ、その通りに行動し、奇跡を見ました。
まず信じ、その結果が起きると信じて行動し、信じた結果を得ました。

4.ヨシュアもモーセと同じく、神様に従い、その戒めを固く守るように民を戒めました

モーセと同じように、ヨシュアも世を去る前にイスラエルに遺言を残しました。
・神様がエジプトから導き出してくださったこと。
・神様がカナンの住民を追い出してくださったこと
・神様に従い、神様の訓戒(戒め・命令)を固く守り続けること
・自分たちの周囲に残っている民と交わったり、彼らの神々を拝んではならない
・もし、周囲の民と交わり、彼らの神々を拝むようなことがあれば、イスラエルの民は滅びること。
イスラエルの民はヨシュアの遺言を守り、神様に従うと誓約しました。
(ヨシュア記 23章、24章 参照)

ー 広告 ー

ヨシュア記からあなたは何を学びますか

ここまで読まれて、自分には関係のない話だ、何の役にたつんだ、と思われているかもしれませんね。

わたしも最初に聖書を読んだとき、とても信じられない、こんなことありっこない、と思っていました。
それでも、その後、何度か聖書に出会う機会があり、読む機会があり、自分に当てはめて考えるようになりました。
そのうちの4つをここに示しました。

あなたも、この物語から、自分に役立つなにかをみつけていただければ幸いです。

あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。
(ヨハネによる福音書5章39節)

ヨシュア記のどんな点でイエスキリストを見出しますか?

ここまで読んでくださったあなたへ

あなたは神様の子で、神様のみもとに永遠に住むことができる存在にです。
地上に来たのは、いろいろな経験により、あなたの能力が増し加わり、ほかの人を助けることができるようになるためです。

わたしもこれから成長していきたいので、あなたとともに歩んでいきたいと願っています。

神様はあなたを愛し、あなたの幸せを願っておられます。

ご質問があれば、下のほうにコメント欄があるのでそちらに書き込んでください。

聖書のオンライン版は
https://www.churchofjesuschrist.org/study/scriptures?lang=jpn
または
https://www.wordproject.org/bibles/jp/index.htm
を参照してください。
あなたがこの世に来たのは、神様の戒めに従って生きるため。
神に敵対する存在が真理と誤りを混ぜてあなたに伝えても、それに惑わされずに生きるために神様は道を示してくださいます、
そして、たとえ道を誤ったとしても、また戻ってくる方法があります。
ー 広告 ー

Google広告の内容を変更する手順(興味のない広告は表示させない)はこちら

価格満足度No1

スタディサプリ高校・大学受験講座


ー 広告 ー
最新情報をチェックしよう!